噂の問屋DDレビュー!【1500円で買えるデュアルドライバー】


DSC_6877

 

以前から一部マニアの中で話題になっていた、問屋DDと呼ばれるイヤホンをご存知でしょうか。なんでもこのイヤホン、2000円以下の低価格でありながらデュアルダイナミックドライバを搭載しているという謎のイヤホンなのですが、秋葉原の上海問屋で購入することができます。

 

【上海問屋】通販サイト | 【メール便配送(送料216円)対象商品です】 小型ドライバを2個実装したパワフルなサウンド デュアルドライバー カナル型 イヤホン 上海問屋 DN-80499 [メ04] 

 

タイミングが良ければ秋葉原の店頭で購入することができるようです。今回私も入手することができたので、詳しく見ていきましょう。

まずは写真から。

DSC_6879

DSC_6884

DSC_6885

DSC_6882

 

 

 

・外観

全体的に安っぽいです。しかし、2種類あるバリエーションのうち、ブラウンの方はボディ内側がクリア素材で出来ているため、搭載されているデュアルドライバを見ることができてちょっとカッコイイです。プラグはL字で、プレーヤーに挿していても飛び出して邪魔になることはありません。耳掛け部には針金が入っており、自由な曲げ方で固定することができます。コードは黒で編んであるのですが、編み方が緩いのかプラグ付近は逆に回したらほどけてしまいそうです。

 

 

・装着感

最悪です。今まで買ったイヤホンの中で最も装着感が良くないかもしれません。購入時にはダブルフランジのイヤーピースがついており一瞬期待してしまうのですが、耳に着けてみてください。全くはまりません。ひょっとするとこれをデザインした人は途中で人間の耳にこれを入れるということを忘れてしまったのかもしれないな、と思うほどうまくはまりません。どこかに正解のポジションがあるはずだ、とグルグル回してみてもはまらないので、正解は考えられてないんだと思います。でもケーブルに針金が入っているので、たぶんSHURE掛けを想定してるんだと思いますが…。とりあえず私はイヤーチップをコンプライに変えました。イヤホンの筐体は耳に触れず、コンプライの力で支えられている感じです。こうすることで多少は快適に曲を聴くことができます。

 

 

・音質

外観、装着感は同価格帯のイヤホンと比較してお世辞にも優れているとはいえないものでしたが、このイヤホンの一番の見所はその低域再生能力にあります。とにかく一聴すればその低域の量に驚かされます。まるでサブウーファーを搭載しているかのような深く沈み込む低域で、量が多いだけではなくきちんと音の輪郭を描いています。ここが他の低価格で低域の量が多いイヤホンとの決定的な差別化ポイントになっていると思います。だいたい低域に重点を置いたイヤホンでこの辺りの価格だと、全体の音のバランスに対して低域が支配的すぎるとか、高域が出ていなさすぎると感じるイヤホンが多いのですが、問屋DDデュアルドライバのおかげか低域の量も確保しつつ、ボーカルや上の帯域もまずまず出ています(ちょっと癖みたいなのは感じますが)。音場も広めで自然に聴くことができます。ただ、あくまで1500円のイヤホンなので過度な期待は禁物です。原音忠実とは全く別の方向のイヤホンですし、解像度もそこそこなのですが、間違いなく聴いていて楽しいイヤホンです。このイヤホンで聴いたらあの曲はどうなってしまうんだろう…と次々聴いていきたくなってしまいます。間違いなく値段以上の音は出ていると感じます。

 

 

 

私個人としては、イヤホンはデザイン、装着感、音質の3つの要素のどれもが大切だと考えています。問屋DDはそういった総合点の高いイヤホンではないのですが、なんといってもコストパフォーマンスの高さが魅力的です。デュアルドライバの実力をできるだけ安く体験してみたい方、低域重視のイヤホンが欲しい方は要チェックです!秋葉原の上海問屋店頭でも販売しているので、見かけたらネタとして1つどうでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す